21と28の違いは?|マーベロン28は避妊にとても効果のあるお薬です

21と28の違いは?

カプセル

マーベロン28を購入しようと病院に足を運んだ際、そこには「マーベロン21」という類似品のようなものがあって混乱するかもしれません。
錠剤の数が違うのかと思いきや値段も同じなので、しっくりきませんよね。では、効能が違うのかと思って見てみてもよくわからないところか、実のところは全く同じものとなっています。
知らない人にとっては、余計なんのことかわからなくなってしまうことでしょう。

マーベロン28と21の違いは、錠剤の数が違うという点ではその通りです。28には28錠、21には21錠入っています。しかし値段は同じですよね?でも28の方がお得という話ではありません。
この差の7錠は「偽薬」なのです。なので、内容的にはどちらも同じであり、ゆえに値段も同じなのです。
偽薬ってなんのための?という疑問が沸いてきますよね。これを説明するにはまず、マーベロンの服用方法から説明しなくてはいけません。

マーベロン21では、1シートのお薬を21日間毎日飲んでいきます。飲み終わったら7日間の休薬期間を設け、この期間に月経が来るという流れです。そして、その翌日からまた1シート飲んでいくというものです。
気になったひとも居るかもしれません、この休薬期間。忘れそうだとは思いませんか?カレンダーや自己管理でしっかりできる場合もあるとは思いますが、忙しかったりするとついつい「いつだったっけ?」となりがちです。
毎日飲み続けていたなら習慣となり、そんなことも無いかもしれませんが、実際休薬期間には習慣は一旦途絶えています。
だからこそ、忘れてしまうといった事態を防ぐために、習慣のまま飲み続けようということで偽薬というシステムを取れるのが28錠タイプなのですね。
休薬期間では偽薬の7錠を飲み、終わったタイミングが丁度次のシートが飲める段階となるので、とても安心して利用出来ます。